不妊治療のサブスク受付中

【ツボ解説】睛明(せいめい)〜自然に手が行く!眼の疾患の常用穴

【ツボ解説】睛明(せいめい)〜自然に手が行く!眼の疾患の常用穴

ツボ解説、今回は、

睛明(せいめい)

です。

以前に解説した攅竹穴と同じく
足の太陽膀胱経(BL)に属していて、
その膀胱経の最初の経穴です。

眼の疾患に対して、非常に良く使われます。

目が疲れた時などは、
無意識に睛明穴の辺りを指で
揉んでいる事もあるのでは無いでしょうか。

睛明(せいめい)BL1

疲れ目の時などは、
押すと軽い痛みを感じるかも知れません。
とても分かり易いツボですね。

睛明穴の場所

目頭の内端(内眼角)と鼻根の間にあります。

眼窩の骨の縁に取ります。

睛明(大泉井頭針灸院)

場所について諸説あるのですが、私は、
内眼角よりも僅かに上方に取穴する事が多いです。
探ってみて、反応の強い所に決める事にしています。

睛明穴の効能

眼の諸疾患に良く使われます。
眼の周りの筋肉が
ピクピクと痙攣する時にも効果的です。

鼻にも近いので、鼻詰まりや鼻水にも使いますが、
やはり、眼に使う印象の強いツボですね。

美容鍼の時にも非常によく使います。

鼻筋を通して鼻を高く見せるのに使うのですが、
一般的に言われている効能とは違いますし、
使い方も異なります。
この件につきましては、また、
別の記事にしたいと思います。

*【美容鍼灸としてのツボ解説】睛明(せいめい)BL1〜鼻高くする?

セルフマッサージ

場所が場所なので、鍼をする場合には、
皮下出血などに神経を使うツボですが、
マッサージならそれ程では無いでしょう。

しかし、デリケートな場所なので、
強い刺激は厳禁です。

睛明穴を真っ直ぐに指圧するのはお勧め出来ません。
鼻根の方に向かって、柔らかく刺激しましょう。

院長のお勧めの揉み方は

攅竹穴の解説で述べた様に、
鼻をかむ様な格好で刺激するのも良いですが、
普通に鼻根を摘む様にするのが
安全で良いと思います。

親指と人差し指の腹で、両側の睛明穴を、
鼻の付け根を摘む様にして刺激します。

まとめ

よく効くツボですが、
非常にデリケートな場所にあります。
くれぐれも誤って眼球を傷付ける事の
無い様に刺激しましょう。

特に疲れ目には効果的なツボなので、
上手に利用して欲しいと思います。

練馬区大泉学園の大泉井頭針灸院では、
鍼治療を専門に扱っております。
骨盤底筋の緩みに対する鍼をはじめとして、
身体の不調に対する鍼、
美容鍼などのコースを設けております。

ご質問などございましたら
お気軽にお問い合わせ下さい。