不妊治療のサブスク受付中

【ツボ解説】防老(ぼうろう)〜アンチエイジングには欠かせない

【ツボ解説】防老(ぼうろう)〜アンチエイジングには欠かせない

練馬区東大泉の完全予約制の鍼灸院
大泉井頭針灸院 院長のツボ解説

今回のツボは、防老穴 です。

防老穴は、とてもマイナーなツボなので、
使っている鍼灸師は少ないと思いますが、
薄毛の治療
美容鍼の分野ではよく使われるツボです。

もちろん、私は頻繁に使っています。

防老(ぼうろう)

WHO(世界保健機構)の標準経穴には
無いツボの様で、略号が無さそうですね。

もし、知っている方がいらっしゃいましたら
教えて下さい

頭頂部には、四神聡(ししんそう)Ex-HN1
という有名な奇穴がありますが、
その中の後神聡というツボと全く同じ場所です。

ただ、目的も考え方も全く違うツボなので、
別の物として使った方が良いと思います。

防老穴の場所

頭頂部のど真ん中、
耳同士を結んだ線の中央に百会穴があります。

その後ろ約3センチが防老穴です。

防老(大泉井頭針灸院)

前述した四神聡は、
百会穴の前後左右約3センチに4穴を取るので、
その中の後神聡と丸かぶりですね。

防老穴の効果・効能

防老穴は、薄毛円形脱毛症若ハゲなどの
頭髪のトラブルの特効穴です。

もう、30年以上前になりますが、
閻(えん)先生という中医学の大家が来日しました。

閻三針(えんさんしん)と呼ばれる
脱毛症の鍼の創始者です。

当時、テレビなどのメデイアにも取り上げられ、
鍼灸師の間ではかなり話題になりましたが、
まだネットも無い時代ですから、
今ほど情報が拡散しませんでした。

また、かなり難しい鍼術で、
創始者の閻先生以外の鍼ではイマイチ、
という噂もあったりして…

それでも、当時私も興味を持ち、
色々調べたりしていました。

防老穴は、この閻三針で使われていた
ツボのひとつです。

ちょっと話が逸れていますので、
この辺にしておきます。
この話にご興味のある方は、
以前に私が書いた記事のリンクを貼っておきます。
以前にやっていた治療院の時に書いた記事を
引用して、このブログの記事にしています。

*薄毛・育毛・脱毛症の鍼治療
〜閻三針(エンサンシン)について

「エンサンシン」でググると、
昔撮った私の動画も出ますね。

興味のある方はご覧下さい。

防老穴の美容鍼

ツボの名前が、
もうアンチエイジングそのものですよね。

美容鍼では外せません。

閻先生が、脱毛症を老化そのもの
と考えていた事が伺えます。

私は、頭髪のケアの為だけでなく、
退行性病変に広範囲に使えるツボだと考えています。
従って、美容鍼の分野でも
非常に効果的なツボなのです。

しかし、この防老穴は、とても小さなツボです。

薄い頭皮の中にポイントがあり、
正確な運針が求められます。
近くに非常にメジャーで使いやすい
百会穴があるので、なおさら
分かりにくいのだと思います。

しかし、しっかりと防老穴に針先が当たれば、
百会に勝るとも劣らない響きが得られます。

そこまでやれば効きます。

逆に、正確に当てないと効かない様です。

多少適当でも効果のある百会穴とは大分違います。

まとめ

老化防止は、鍼灸師だけでなく、
世界の医療人の悲願と言っても過言ではありません。

それを、防老穴だけで実現出来る訳がありません。

しかし、こうしたツボを使い続けていると、
ほんの少しづつだとしても、
悲願成就に近付いている実感があります。

偉そうに書きましたが、当然に私も防老穴を
完全に使いこなしてる訳ではありません。
とても奥が深く、キリがない世界です。

それでも、かなり効果的なツボですので、
当院にお越しの際には、
是非体験して頂けたら、と思います。

ご興味がおありの方は、
お気軽にお問い合わせ下さい。