不妊治療のサブスク受付中

【ツボ解説】目窓(もくそう)GB16 〜眼瞼下垂で目が小さくなってませんか?

【ツボ解説】目窓(もくそう)GB16 〜眼瞼下垂で目が小さくなってませんか?

今回のツボ解説は、目鼻に対してバッチリなツボ

目窓穴

です。

目窓(もくそう)GB16

以前に解説した頭臨泣穴と同じ
胆経に属しているツボです。

場所も近く、同じライン上にあるので、
両者の使い方は似ています。

これは、次回解説する予定の正営穴も同様です。

目窓穴の場所

瞳の直上で、髪の生え際から約5cmにあります。

目窓(大泉井頭針灸院)

頭臨泣穴の後ろ約3cmになります。

目窓穴の効果・効能

ツボの名前にも現れていますが、
目に良く効く経穴です。

瞳から真っ直ぐ上に上がるライン上にありますし、
イメージしやすいですね。

頭痛、目の疾患、鼻の疾患によく使われます。

目窓穴の美容鍼

頭臨泣穴の解説でも書きましたが、
美容鍼としては、この頭の胆経の経穴は、
経絡のラインをイメージして使っています。
正確に取穴するよりも、
頭皮の反応を見ながら適宜鍼をする感じです。

最近は、眼精疲労眼瞼下垂などの症状を
抱えている方が多いので、
美容鍼をする際にもこれらの疾患に対応しないと
十分な効果は得られません。

そういう意味でも、
とても大事になって来るツボだと思います。

目を大きくしたい、
パッチリさせたい、
目力アップしたい、
というご希望のお客様に対して、
目の周りだけに鍼をしても
効果はたかが知れています。

額や頭皮からまぶたを持ち上げるイメージの
刺鍼が非常に大切になっています。

まとめ

軽い疲れ目で済んでいるうちはまだ良いですが、
眼精疲労、眼瞼下垂となると
深刻な症状にお悩みの方が多いと思います。

近年は、PCやタブレットの
使用頻度が急速に増えて、
こうしたお悩みの方が増えています。

当院は、骨盤底筋の治療だけで無く、
疲れ目関係の治療も得意にしています。

お悩みの方は、ご遠慮無くお問い合わせ下さい。

痛くない鍼で、お待ちしております。