骨盤底筋特化コース 受付中

【ツボ解説】風府(ふうふ)GV16 〜酷い風邪に使うツボだけど

【ツボ解説】風府(ふうふ)GV16 〜酷い風邪に使うツボだけど

今回のツボ解説は、
通常はあまり鍼をしないツボ

風府穴

です。

風府(ふうふ)GV16

風府穴は、督脈という
身体の真後ろを流れる経絡に属しています。

次回解説する瘂門穴と同様に、
このツボの奥には延髄があり、
深刺し厳禁な事から、誤解を避けて
鍼をしない鍼灸師が多いのではないか、
と思います。

風府穴の場所

後頭部の下部の中央に、
外後頭隆起という骨の出っ張りがあります。
この出っ張りの直下の凹みに取ります。

風府(大泉井頭針灸院)

風府穴の効果・効能

あまり使われない、と書きましたが、
上手く使えば非常に効果的なツボです。

読んで字の如く風邪に良く効きます。

それも、それなりに
深く入った風邪に効くので助かります。

ただ、酷い風邪をひいている最中に
鍼灸院に来られる方は滅多にいません。
プライベートで使う事の方が多いですね。

それから、瘂門穴と同様に
失語症などの麻痺系統のツボなのは
良く知られています。

風府穴の美容鍼

美容鍼としては、
フェイシャルリフトアップに使います。

以前に解説した天柱穴と同様の使い方です。

*天柱(てんちゅう)BL10 〜
ストレスを感じたらコレ!

風府穴のある部位には、後頭リンパ節があって、
非常に浅い鍼でそれを狙っています。
深刺しは絶対にダメです。

まとめ

身体の中心を通る督脈や任脈のツボについては、
非常に奥が深く、簡単にはまとめられません。

当院で行なっている
骨盤底筋の緩みに対する鍼治療も、
督脈や任脈のツボを使う事が多いです。

これらのツボについても、
これから解説して行きたいと思います。

ご質問などございましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。