骨盤底筋特化コース 受付中

【ツボ解説】三陰交(さんいんこう)SP6 〜不妊に逆子に…女性に必須のツボ

【ツボ解説】三陰交(さんいんこう)SP6 〜不妊に逆子に…女性に必須のツボ

今回は、女性に対しての経穴としては最も有名なツボ

三陰交穴

です。

三陰交(さんいんこう)SP6

脾経に属しているツボですが、
名前の通り、足の三陰経絡が合流する所です。

非常に重要な経穴です。

三陰交穴の場所

内くるぶしの上、約10cmにあります。

三陰交(大泉井頭針灸院)

脛骨という骨の際に取ります。

三陰交穴の効果・効能

婦人科系疾患の代表穴です。

その他、兎に角応用範囲の広いツボで、
生殖器疾患、消化器疾患、神経系疾患の他、
アレルギー症状にも使います。

個人的には、不妊症逆子の治療の時に
積極的に使っています。
成績も良好です。

三陰交穴の美容鍼

美容鍼のお客様は女性の方が多いので、
美容鍼の前に身体のバランスをとるのに
使う事が多くなります。

もちろん、男性にも良く効くツボですよ。

特に、脚に浮腫みのある方にはよく使います。

脚がむくんでいる方は、顔もむくんでいます。
水分代謝が悪いのは全身の問題ですから。

まとめ

三陰交穴は、わざわざ解説するのもどうかと
躊躇ってしまうほどメジャーなツボです。

昔、鍼の恩師に

「治療に困ったら、女なら三陰交、
男なら三里に鍼をしとけば間違いないよ」

などと言われた覚えがあります。

随分と乱暴な言い草ですが、
それくらい良く使うという事です。

練馬区東大泉の大泉井頭針灸院では、
美容鍼だけで無く
美容以外のお悩みもお受けしております。

どうぞご遠慮無くお問い合わせ下さい。