骨盤底筋特化コース 受付中

【ツボ解説】承泣(しょうきゅう)〜気を付けて使ってクマを消そう

【ツボ解説】承泣(しょうきゅう)〜気を付けて使ってクマを消そう

今回のツボ解説は

承泣(しょうきゅう)

です。

足の陽明胃経(ST)の最初の経穴です。

眼球に近いので、
使い方に気を付けなくてはなりませんが、
目の疾患全般に使えるツボです。

承泣(しょうきゅう)ST1

デリケートな場所なので、内出血し易く、
鍼治療では注意が必要です。

眼球を傷付けたら大変ですしね。

ご自分の指で刺激する場合にも、
眼球を圧迫し過ぎないように気を付けて下さい。

承泣穴の場所

瞳の真ん中の瞳孔の真下にあります。

目の下側の骨の縁です。

承泣(大泉井頭針灸院)

触ると僅かに骨の窪みが触れると思いますが、
そこが承泣穴です。

承泣穴の効能

目の疾患全般に使いますが、
特に疲れ目から来る目の充血に良く使われます。

その他、
眼精疲労、眼筋痙攣、かすみ目
にも良いです。

美容分野では、
目の下の弛みクマくすみ
などにも効果的。

でも実は、私は、美容鍼ではあまり使わないです。
眼球の近くの下側には
鍼を入れない方針でやっています。
個人的な見解ですが、
効果効能と比較してリスクが高いと考えています。

ですが、美容マッサージのツボとしては
非常に良く使いますし、
上手に使えばとても良いツボだと思います。

セルフマッサージ

自分の指の腹で、優しく押してあげましょう。
人差し指が使い易いと思います。

眼球を刺激するのは良くないので気を付けましょう。

院長お勧めの揉み方は…

人差し指の腹の親指側を使います。

泣き真似をする様な格好で、
人差し指の横側で承泣穴を探ります。
骨の窪みに指を当てて、ごく軽く押圧します。

そこから、軽く外側に引っ張る様な方向に
承泣穴を引き上げます。
それ程極端に引き上げるのでは無く、
指の腹の外側が承泣穴から
外れない程度の距離を引き上げるのです。

5mm程度でしょうか。

上手く出来れば、
両側同時にマッサージする事も出来ます。

目のお悩み対策だけで無く、
美容マッサージとしても期待出来るやり方です。

まとめ

とにかく、強い刺激は良くないので、
それだけは気を付けてマッサージをして欲しいと思います。

目の下のクマやたるみ、シワ、くすみなどは、
お悩みの方が多いと思います。
承泣穴は、美容対策マッサージのツボとして
優れたツボなので、是非上手く
使って欲しいと思います。

練馬区東大泉の大泉井頭針灸院では、
骨盤底筋特化の治療だけで無く、
美容鍼美容矯正にも力を入れています。

ご興味のある方はご遠慮無くお問い合わせ下さい。