骨盤底筋特化コース 受付中

【ツボ解説】四瀆(しとく)TE9 〜コリを緩めるツボ

【ツボ解説】四瀆(しとく)TE9 〜コリを緩めるツボ

今回のツボ解説も頻繁に使うツボ

四瀆穴

です。

四瀆(しとく)TE9

三焦経に属しています。

前回解説した尺沢穴と同様に、
私にとっては非常に使用頻度の高いツボです。

治療用のツボとしても、
美容鍼の補助的なツボとしても、
とても反応の引き出し易いところです。

四瀆穴の場所

前腕の手の甲の側の中央部にあります。

四瀆(大泉井頭針灸院)

中央よりよりやや肘に近く、
橈骨と尺骨という二本の骨の間に取ります。

四瀆穴の効果・効能

用途の多いツボで、鍼灸師によって
使い方が様々なツボだと思います。

私は、長野式の鍼灸理論が好きなので、
筋緊張の緩和に良く使います。
寝違いなどには本当に良く効きます。

四瀆穴も「上四瀆」と言われる、
やや上方の骨の際を使っています。

それから、難聴耳鳴りにも良いです。

特発性難聴などの正体が掴みにくいものには
必須のツボになっています。

四瀆穴の美容鍼

美容鍼としては、肩こりや疲れ目などの
筋緊張の症状を持っている方に使っています。

緊張が解かれて血流が良くなる事で、
顔色が良くなり、くすみなどにも効果があります。

更には、肌のターンオーバーも
正常化してくるので、美容分野にも
大きく貢献してくれるツボですね。

美容鍼は、顔面に鍼を沢山打つ
イメージがありますが、それだけでなく、
手足のツボを効果的に使う事が大切だと思います。

当院の美容鍼は、お顔に打つ鍼を
なるべく減らす事を考えて施術しています。

まとめ

三焦経の経穴は、四瀆穴をはじめとして、
汎用性に優れ、
独特の効果を持つツボが多い様に思います。
非常に興味深い経絡だと感じています。

練馬区東大泉の大泉井頭針灸院では、
骨盤底筋の緩みに特化した鍼をはじめとして、
漢方に基づいた鍼治療、
美容鍼も行なっています。

ご質問などございましたら、
ご遠慮無くお問い合わせ下さい。