骨盤底筋特化コース 受付中

尿漏れが起こる原因と鍼による骨盤底筋の強化

尿漏れが起こる原因と鍼による骨盤底筋の強化

出産前後の女性多く見られる尿漏れは、
40代以降になると再び数が多くなります。
練馬区東大泉の大泉井頭針灸院では
この尿漏れに対する骨盤底筋特化の施術を行っています。

尿漏れが起こる原因

腹圧性尿失禁と呼ばれるこの尿漏れは、
尿漏れの過半数を占めています。

これは、骨盤底筋群の緩みが原因と言われています。

骨盤底筋は骨盤の底で骨盤内の
内臓を支えているインナーマッスルですから、
妊娠中はずっと圧力がかかり続けています。
その為、妊娠中は尿漏れが起き易くなります。

そして、出産時に産道が広がる事で
骨盤底筋にダメージを負う事があります。
出産後、尿漏れが起こるのは、
このダメージの為と広がった骨盤底筋が緩んでしまい
尿道口の締まりが甘くなる為です。

そして、加齢により筋力が低下して、
骨盤底筋群が回復していても再び緩む事になります。
多くの場合、これが40代以降に多い尿漏れの原因です。
加齢による緩みは男性にも起こります。

骨盤底筋群の強化

尿漏れの対策として骨盤底筋群の強化はとても大切です。

特に、ちょび漏れちょい漏れ
と言われている様な軽度の尿漏れには非常に効果的です。
骨盤底筋群に開口している尿道口を締めれば、
尿漏れは起こらなくなります。

骨盤底筋群の強化にはトレーニングが有効ですが
これがなかなか難しいのです。

  • 肛門を閉める様にする
  • オシッコを途中で止める様に力を入れる

などが一般的な方法で、3ヶ月位のトレーニングで効果が現れます。

しかし、上手に出来る方は良いのですが

  • 力を入れる感覚が掴めない
  • トレーニングが続かない
  • 効果が現れるのか不安

などの理由で出来ない方も多いのです。

このトレーニングについては
また、記事を改めて解説したいと思います。

当院の骨盤底筋特化コースでは、
トレーニングについても御指導させて頂いておりますが、
鍼治療整体術による外部からの刺激により
骨盤底筋群に刺激を加える施術を行なっています。

一応申し上げておきますと、
股関節部や陰部に鍼をしたりする事は
ありませんのでご安心下さい。

骨盤底筋特化コースにご興味のある方は
御遠慮なくお問い合わせ下さい。