骨盤底筋特化コース 受付中

過活動膀胱と骨盤底筋群の緩みについて

過活動膀胱と骨盤底筋群の緩みについて

骨盤底筋の緩みに対しての特化コースを設けている
練馬区大泉学園の「大泉井頭針灸院」院長です。

さて、近年、過活動膀胱(OAB)という言葉が聞かれるようになりました。
製薬会社のCMにも使われていますね。

過活動膀胱による切迫性尿失禁

過活動膀胱(OAB)とは、膀胱の働きに問題があり、
膀胱の収縮が激しくなり過ぎて
尿漏れ頻尿を起こしてしまう状態です。
頻繁にトイレに行きたくなる上に、
我慢も出来にくいので尿漏れを起こしやすく、
切迫性尿失禁と呼ばれます。

過活動膀胱の原因

過活動膀胱の原因には色々あります。
脳梗塞や認知症などの脳神経の異変や、
脊髄損傷などの脊椎の異変によるものもありますが、
加齢やストレスなどの
原因のはっきりしないものが多いです。

過活動膀胱と骨盤底筋

過活動膀胱は、骨盤底筋の緩みが
直接の原因になっている訳ではありません。

しかし、過活動膀胱による尿失禁を
防止する為には重要な働きをします。

過活動膀胱の治療には、投薬や手術の他、
行動療法と言われるおしっこを我慢する訓練が行われます。
少しづつ膀胱に貯められる尿の量を
増やして行こうとする訓練です。

この、おしっこを我慢するために
使う筋肉は骨盤底筋群です。

骨盤底筋群を引き締める

骨盤底筋群を引き締めて鍛えることは、
過活動膀胱の治療の一助になることは間違いありません。

当院の骨盤底筋特化コースでは、
鍼治療、整体術、トレーニング指導を合わせて
骨盤底筋群の緩みに対処する為の施術です。

ご興味のある方はご遠慮なくご相談ください。