不妊治療のサブスク受付中

ぽっこりお腹の原因は骨盤底筋の緩みかも!?

ぽっこりお腹の原因は骨盤底筋の緩みかも!?

骨盤底筋群の緩みに対する専門の施術コースのある鍼灸院、
練馬区大泉学園の「大泉井頭針灸院」院長です。

最近、よく「ぽっこりお腹」という言葉を耳にします。

当院には、美容矯正の部門
優子さんの美容矯正サロン」がありますので
こういうワードには敏感になりがちなのですが、
それでも、それだけ悩んでいる方が多いのだと思います。

ぽっこりお腹と骨盤底筋の関係については
以前にも記事にしました
が、
お客様からのご質問や反響がありますので
改めて、情報を加えたいと思います。

骨盤底筋群は、骨盤の底でハンモックの様に
内臓を支えている膜の様な薄い筋肉群です。

この骨盤底筋群を底として、
前側と横側は腹横筋、
後ろ側は、背骨に付いている回旋筋群、
上側は横隔膜、
とインナーマッスルで四方を囲まれた
インナーユニットを形成しています。

このインナーユニットは、
ひと固まりのユニットなので、
底を支えている骨盤底筋が緩んでしまうと
ユニットごと下がってしまい、
お腹がぽっこりとでてしまうのです。

特にお腹の下の方、下腹部が
ぽっこりお腹になり易くなります。

  1. 身体は痩せているのにお腹だけ出ていませんか?
  2. 月経にまつわるお悩みはありませんか?

どちらも当てはまる方は
骨盤底筋が緩んでいるのかもしれません。

当院の骨盤底筋特化コースでは、
骨盤底筋の緩みを引き締めるための施術を行っています。

人にもよりますが、
鍼をしただけでもお腹が引っ込んだ方もいらっしゃいます。

ご興味のある方はお気軽にお問合せ下さい。